未分類

文系OLが簿記3級に合格!受かるまでの方法

簿記の勉強をはじめようと思っても、経理の仕事や数字が得意でないと、勉強しようと思ってもなかなか頭に入ってきませんよね。

分厚いテキストにずらずらと書かれた説明も読んでもさっぱり分かりませんでした。

私は文系で数学が大の苦手だったのですが、簿記3級にみごと合格することができました。

簿記3級は数学が苦手でもしっかり勉強すれば確実に合格できる試験です。

簿記の勉強をしなきゃいけないのにどうしたらいいか分からないと悩んでいる方へ合格までの方法を紹介します。

掛かった勉強時間

勉強をしっかり始めたのは約一ヶ月前からでした。

平日は約1時間程度、休日は3、4時間程度の勉強時間でした。

試験一週間前はもう少し勉強したと思うので大体50時間程度の勉強で合格したと思います。

揃えたもの

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

文系で数字に触れていない人でも理解できる分かりやすい教科書です。手始めにこの教科書を一通り読んで、問題集に取り組みました。問題集で分からない部分はこの教科書で確認しながらやればよいかと思います。

 

 

スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2018年度 (スッキリわかるシリーズ) 単行本(ソフトカバー)

過去問6回分が載っています。6回分で少なく感じるかもしれませんが、何回も繰り返し解いて問題の傾向を掴めば、6回分でも十分合格できます。

ちなみに、予想問題は過去問より難しく感じたため結局手をつけずに試験に参加しました。

 

 

 

Canon 電卓 LS-103TUC-PK SOB 10桁 抗菌仕様 千万単位表示 税計算可 ミニ卓上ピンクモデル

小さすぎたり表示が少なすぎたりなどの使いにくいものでない限り、電卓だったら何でも大丈夫かと思います。色がついてて可愛いものを選んで、少しでもテンションを上げました。笑

 

他には、ノート(いらない裏紙使ったりなどもしました)、シャーペン、シャーペンの芯、消しゴムがあれば十分です。

スキマ時間にアプリで勉強

パブロフ簿記3級で通勤時間にひたすら仕分けの勉強を行いました。

なかなか机での勉強時間を確保出来なかったため、通勤時間を勉強時間にあてられてとても役立ちました。

無料版で試して使いやすかったため、有料版を購入しました。

アプリのいいところは、間違えた問題だけを繰り返し解くことができるため、苦手が潰しやすいところです。全問正解するまで繰り返し解いたため、かなり仕分けの力がつきました。

 

パブロフ簿記3級lite

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%95%E7%B0%BF%E8%A8%98%EF%BC%93%E7%B4%9Alite/id466797761

資格の大原の無料模擬試験に参加(無料)

資格の大原にて、模擬試験を無料で受けることができます。

事前に予約しましょう。会場の雰囲気は一人できてる方が多かったですが、予備校や会社の方と一緒にいらっしゃっている方もいました。

本番さながらの雰囲気で問題を解くことができたことが一番よかったです。

 

ちなみに、私はこの無料模擬試験の時点では点数は40点でした。簿記の試験は70点以上で合格なのでかなり絶望しました。

そして、自分の中では勉強が進んでいた気でいたのですが、40点という絶望的な点数を叩き出したことで現状を把握でき、焦りが出て、勉強に火が付きました。

ちなみにこの模試では資格の大原の説明は少しありますが、勧誘をしつこく受けるということは一切ないので安心してご参加ください。

 

資格の大原HP 出題予想会/無料模擬試験のご案内

http://www.o-hara.ac.jp/best/boki/yosokai/

 

勉強のコツ

1.まずはじめにテキストを軽く読みはじめましょう。

ここではすべてを分かろうとせず、簿記の基礎をつけるために時間をかけずに読みましょう。

初っ端の仕分けで苦手意識がついてしまうかと思うので、仕分けの方法を重点的に読むといいかと思います。

2.問題を順番に解きはじめましょう。

テキストや問題集を使用して問題をまずは解いてみましょう。

初めはまったく解けないと思うので、無理に考えて解こうとせずに、解答の解説を読みながら解いてみましょう。

解説を見ながら解くことで解き方を身につけていきましょう。

3.過去問を解いてみよう

ある程度問題を解いたら過去問に取り掛かりましょう。

問題を解くときは本番の時間を掴むために時間を測って解くといいでしょう。

過去問を一通り解いたら、繰り返し何度も過去問を解きましょう。

間違えた問題には正の字で間違えた回数だけチェックつけるとどこで自分が間違いやすいのか理解できるでしょう。

繰り返し過去問を解くのが合格への近道だと思うので、2週間前には過去問に手を付けておきたいところです。

2週間前だけどこれから勉強を始めるという方は仕分けの方法に慣れて、一日でも早く過去問に取り掛かってください。

2週間は繰り返し過去問を解きましょう。

勉強の力を入れる配分

過去問を勉強するときは重点的に、問3、問5を勉強して確実に点を稼ぎましょう。

問3、問5は得点も高く、出題の形式もさほど変わらないので確実に抑えておきたいところです。

また、問1は一問4点と配点が高いため、得点を落とさないようにしましょう。

問2、問4は出題の範囲が広い上に配点が低いため、問1、問3、問5の勉強が不十分な場合は最低限の勉強はして後回しにしても合格点は取れます。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
snownow
都内で事務職をしている社会人3年目のOLです。 社会人になってから毎日単調は事務の仕事をしていてこの仕事に毎日8時間通勤時間や準備の時間を入れたら1日の大半の時間を費やしてていいのかなと悩むようになりました。 大学生の頃は自分の興味ある勉強をして、楽器の練習をして、自分の好きな時間にバイトをして、毎日友達にも会えて…なんて、今の私からしたら自分本位のスケジュールで充実した毎日を過ごしていました。 そして、できるならもっと大学生の頃のように自分本位に時間を使いたい!と思うようになりました。 周りの友達と久しぶりに遊んでもやっぱり私と同じように、「仕事がつらい」「本当にこのままでいいのかな?」と悩みを話す女の子が多いです。 まわりを見ても自分の好きなように生きている人は少なくかんじます。 せっかくの人生なのに我慢しながら生きていかなければいけないのか…と考えれば考えられるほどそれは耐えられないと思いました。 「自分の人生を好きなように生きる」という前例を作り上げたい!と思うようになりました! 自分の夢を叶えるために試行錯誤しながらブログ更新していきます!